2015年09月26日

大場さんからの便り:「こうのとり」

野田市では、数年前から自然回帰のシンボルとして「こうのとり」の飼育をし、今年から放鳥を始めました。最初は3羽が一緒に行動して茨城県〜栃木県あたりに居たのですが、9月には1羽が厚木市、他の2羽が宮城県仙台市北部あたりまで行ったとのこと。
犬や猫と違い飛ぶ道具を持った鳥は行動範囲が広く、地元に帰ってくる保障は無いようです。
鳥の行動はGPSで把握し、目撃情報を基に判断しているそうですが、巣造りに備えて高い柱や其の上に円座を用意したのに、虚しくそびえていました。
人の気も知らないで遠方を飛び回っているこうの鳥よ〜早く帰って来い!と云いたいです。
                               ( Oba )

   Kounotori-2(Oba).JPG
                        (by Oba)

野田市の「こうのとり」の里と3羽の幼鳥(2015-5)



posted by 33K at 13:34| Comment(0) | 大場さんからの便り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]