2019年12月07日

令和一年外堀会有志忘年会

一年ぶりの顔合わせ、昨年の忘年会以来である、1年過ぎても皆さん85歳前後とは見えないくらい元気そうな姿。
大場さんから集合写真が届いたので取敢えずカバーペーパーに掲載します。
和田さんからのメールで無事終了?したとの事。参加者23名(プラス3名)みんな元気で飲んだり食べたり、なお、津野さんは脚を痛めてドタキャン、高橋徹さんは会場に来る途中に東京駅でのアクシデントで欠席、なお当日の様子は大場、安西さんからのCDをまち来週UPの予定です。(工事中)
どうぞお元気で良いお年をお迎え下さい! 

(老生、自慢じゃねえが超後期高齢者、足を引きずって小刻みに歩く老人、尾骨を骨折した老いの事実に、戸惑う。 欠席 Takita )

Sotoborikai2019-12-6.jpg

令和一年外堀会有志忘年会の様子

参加されなかった方の近況・要望など(工事中)


外堀会 ブログ インデックス
 
madonna1.jpg
ブログINDEX


posted by 33K at 18:19| Comment(0) | 想い出写真集

2019年11月28日

田中さんからの便り

田中 信義 です。

大場 良之 様:近藤 昇一 様: 滝 わたる 様 :福田 輝雄 様 :和田 弘 様

外堀会有志2019年 忘年会のお誘い有り難うございます。

滝さん 尾骨骨折の由、お大事に。私ではありませんが、家内が軟骨の老化で脊柱管狭窄症を発症し、これに伴い側わん症、間歇性跛行を生じて外出には杖が必要。老生は付き添い役です。

すでにご案内しましたが、任意登録団体 アルホラズムの会を構成し、シルクロードの中間点ウズベキスタン共和国で日本語を学ぶ若い世代へ国際協力基金制作の日本語標準教材、公式留学試験問題集教員用ガイドブックなどを提供して6年目になります。
これまでに486人の方々から77万円のご協力を戴き、447冊の教材を 3教育機関へ提供して大変喜ばれ、サマルカンド国立外国語大学学長から懇切な感謝状を戴きました。
その状況を記したファイルを添付しました。(このファイルは 外堀会ブログからは削除しました。未知の方の考えで障害を生じたことがあったので。)

思いがけず、紳士録として世界の権威とされる米国のMarquis Who's Who in the world の 2019年度版に私は登録を認定されました。
昨2018年度版の生涯功績賞に続き、連続の選定です。

Marquis Who's Who は世界 215ヵ国の政治、経済、文学、理工学、医学、芸術、スポーツなどの分野から各分野の選定委員会が選ぶそうです。
生涯功績賞は当該年度認定者の上位 5%の中から選ぶとか。

私の場合 任意団体の登録をして、無償で若い学生、教員へ日本語標準教材、教員ガイドブックなどを提供した成果と独創性が評価されたようです。

長々と書きましたが、身体にがたを生じているけれど第二の人生になったようです。
( 田中)

外堀会 ブログ インデックス
 
madonna1.jpg
ブログINDEX


posted by 33K at 12:05| Comment(0) | 想い出写真集

2019年10月26日

安西さんの話 第26話 最終章

安西さんの話第26話  最終章
秋の気配を感じる頃となりました、皆様如何お過ごしでしょうか。
昨年(2018年)3月に第一話が始まりました安西さんの講話「有機電子物性研究の必要性について」今回の第26話が最終章を迎えました。
当初「外堀会」の宴席の余興として行われ好評を得ました一昨年の福田、鈴木両氏「尺八・ヴィオリン演奏」の如く30分程度に纏めての外堀会での講話として企画したようでしたが、器具の持ち込みや時間などで難点もあり、ブログに掲載する運びとなりました。
安西先生、長期間有難うございました。
なお一緒に長い間ご愛読頂いた方々有難うございました。
先生ともどもお礼申し上げます。

寒さに向かいます、くれぐれも風邪などにご注意下さい。
12月6日 忘年会で会いましょう!

 安西先生(理博)の話 第26話 最終章

外堀会 ブログ インデックス
 
madonna1.jpg
ブログINDEX


posted by 33K at 09:58| Comment(0) | 想い出写真集