2013年11月15日

シルクロード歴史紀行ー田中信義さんの巻

田中さんが50歳台なかばから17年を費やし、シルクロードの遺跡をたどりました。この旅は多くの日本人の心に潜む郷愁でもあります。2010年11月これを歴史紀行として出版されました。

”人はなぜ道を往くのでしょうか。それは制覇と交易のために…。” 過酷な気候のもと険しい峠と砂漠を越え、盗賊の襲撃などの危険にさらされながら行き来をしました。中国の王朝が唐だった7世紀〜10世紀にかけて西アジアからのキャラバンが金や象牙、宝石やガラスを中国に運び、その一方で絹や陶磁器、ヒスイや漆器を皮切りにさまざまなものが逆方向に輸送され、それだけではなく知識や芸術、宗教、又不幸な事に、病気、黒死病(ペスト)などの菌類も行き来したのです。やがて船を使った交易が盛んになるとロードは衰退したけれど…。興味深い集大成です。(By Taky)

大変遅くなりました。PC の OS が不具合になり手間取りました。外堀会ブログ掲載用の拙著『シルクロード歴史紀行』の資料をお送りします。 本の帯付き表紙カバー、注文部分を除いた配布用のチラシ、目次部分、著者の写真、 内容の説明です。(By Tanaka)

Cover-belt.jpg

Aoikeshi-kanbaratouge.jpg
(幻の青いケシ・チベットカンバラ峠:標高4600m)


シルクロード歴史紀行
posted by 33K at 22:26| Comment(0) | 自分へのご褒美

2013年10月04日

自分へのご褒美(安西弘行さんの巻)

このブログ「外堀会」を始めた時期に会員の皆様方に投稿のお願いをしたもの、ようやくお送り戴けました。
この著書の内容は私には難解ですが、安西さんの生涯の中での大作の一つです、名付けて「自分へのご褒美」とさせて頂きました。
遅くなりましたが著書出版「おめでとう」を申し上げます。我がクラスには多くの博士が居りますが万年現役・姫路工業大学名誉教授として頑張っておられます。
Kessyou-2.jpg

(以下安西さんからの添付メールです)
大変遅くなってしまいました。申し訳ありません。私の拙書を紹介していただけるとの事なのに、雑用と老齢化で何をやっても敏速にはできなくなってしまって遅くなりました。内容の文章と書籍の表紙・図面を添付します。どちらの本も、学部学生向きではありません。どちらかというと狭い専門の研究者向けです事をご承知置きください。よろしくお願いします。

書籍の紹介(有機結晶育成、有機電子物性)
posted by 33K at 01:00| Comment(0) | 自分へのご褒美