2013年10月28日

理大葛飾キャンパス訪問記

今年は、ホームカミングデーが葛飾キャンパスで実施され、10/27快晴の日曜日に参加して来ました。金町駅から学校までの舗道には「理大通り」のタイルの埋め込みや街路灯には、「理大通り」のマークが付けられ地元の歓迎ぶりが伺えます。キャンパスは、公園の中に学舎が立ち並んでいる風情で、勉学の環境は抜群と見受けました。

開放的で機能的な図書館は、一般の誰でも閲覧できるそうで地元の名物になっているそうです。食堂は2階まであり、広々として明るく、安価に美味しい品々をいただける設備でした。公園のグランドには、昨年度参加した「鳥人間コンテスト」の実機が展示され、学生の説明を聞くことが出来ました。講義棟は7階建て、エレベーターやエスカレーターが完備され、どの教室にも簡単にアクセス出来るように設計されています。100名受講出来る階段教室が各階にあり、映像設備が完備した40名受講の講義室が沢山有って勉学に没頭出来る環境が整っていました。610号室では、外堀会の皆さんに会い楽しい談笑を楽しみました。(12人の来場)(Oba)。田中さんからの写真:建築美、機能美、造形美、写真アングルなど、ご覧下さい。(Taki)

葛飾ホームカミングデー風情

 
東京理科大学葛飾キャンパスの紹介動画
(You Tube)
葛飾キャンパス Art 紹介